謎のアレルギー症状の原因は腸内環境の悪化が原因【新宿で体質改善なら隠れ家サロンcahAya】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
花粉症

冬は花粉が飛んでないはずなのに花粉症のように鼻水やくしゃみが出るんです。

 

こんにちは!!新宿隠れ家リラクゼーションサロンcahAyaセラピストの出口です。いつもご覧いただきありがとうございます。今日も身体の中からキレイと健康を目指す女性の為にお話ていきますね。

 

最近花粉症の時期ではないのに、アレルギー症状を感じる方が増えています。秋には「寒暖差アレルギー」なんていわれたりしますが、そもそもアレルギーってなんで起こるのでしょうか?

 

体内の免疫力低下

アレルギー症状

花粉症などのアレルギーは、花粉に反応する物質が作られ免疫力が低下している体内に侵入して症状を引き起こします。ひどくなると薬などで一時的に緩和する方も多いですが、薬は根本的な治療にはなりません。花粉症と同じように何かに反応してアレルギー症状を起こしてしまう場合でも、必ず何か原因になっている物質があります。そして、アレルギーは一度なってしまうと治らないと思っている方もいますが、体内の免疫力を高める事で改善する事が可能です。

免疫細胞の約70%は腸で作られる

体内にアレルギーの元となる物質が入る事で、症状が起きてしまいますが、侵入を防ぎ守ってくれるのが私たち人間に元々備わっている免疫機能です。免疫力が高ければアレルギー症状が起きる事もありませんが、人間の免疫細胞の約70%を作り出している腸がうまく働けなくなる事で免疫力が低下してしまうんです。

腸と血液の関係

免疫力を高める為には、腸が保持する免疫細胞の一つひとつの細胞に十分な栄養と酸素を行き渡らせる必要があります。その免疫細胞に栄養と酸素を送り込むのは血液の仕事で、その血液の良し悪しを決めるのが中間地点の腸なんです。腸で吸収された栄養分は血管を通り、有害物質を解毒するために肝臓へ運ばれ心臓へと戻っていきます。

全身に血液を送り出す腸内環境が乱れている事で、アンモニアなどの毒素が含まれた汚い血液が体内を循環してしまいます。このような状態では、免疫細胞も上手く働くことが出来なくなってしまうんです。

 

免疫力を上げる方法

免疫力を上げるには、腸内環境を整え、全身の血液をきれいにすることが重要になります。その為には食事や生活習慣などの見直しが必要です。

腸内環境を整える食事

和食

腸を活性化させるためには、食物繊維や乳酸菌、発酵食品を摂取する事が大切です。また、現代では食事の時間も意識する必要があります。残業などで食事の時間が遅くなってしまったり、食事後すぐに寝てしまう事で腸内環境が悪化しやすくなってしまいます。理想としては夕食を19時までに終えて、翌日の朝食まで腸を空っぽな状態にして休ませる事が必要です。19時前に食事を終わらすことが難しいようであれば、寝る3時間前までに済ましたり、消化しやすい食材を選ぶなどなるべく腸に負担をかけないように心がけましょう。

また、現代の食事は糖分や脂質をたっぷり含んだ食べ物が多かったり、暴飲暴食をしてしまう方も多いです。食事と食事の間をあけて腸を休ませる時間を積極的に作ったり、食事の量を減らす、食物繊維や発酵食品を多く含んだ和食に切り替える事で腸内環境を整えていきましょう。

食物繊維について詳しく知りたい方はこちらもチェック

自律神経を整えて腸の活性化

自分の意志とは関係なく身体の機能をコントロールする神経の事を「自律神経」といい、内蔵を動かしたり、血液を流す、栄養を吸収し、老廃物を排出するなどは自律神経が関係しています。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つからなり、この2つがバランスよく働くことで健康を保っています。ですが最近では夜遅くまで仕事をしたり、朝方まで起きている事で生活リズムが乱れてしまう、パソコンやスマートフォンなどや、ストレスなどによって交感神経が優位に立ちやすくなってしまっています。そうすると副交感神経に上手く切り替わる事も出来なくなってしまい、バランスが崩れてしまう事で腸内環境が乱れてしまったり、蠕動運動がうまく働かなくなってしまいます。

まずは生活リズムを整え、リラックスできる時間を積極的に作ることで自律神経のバランスを整えましょう。

自律神経を整える方法を詳しく知りたい方はこちらもチェック

運動で腸を刺激

運動をした方が良い事は分かっていても、なかなか普段の生活に取り入れられている人は少ないかもしれません。ですが運動は腸内環境を整える為にも重要です。激しい運動をする必要性はありませんので、まずは手軽に出来る事から始めてみることがおすすめです。1駅分歩いてみたり、エスカレーターなどを使わず階段で上り下りする、お風呂上りにストレッチするなど簡単に出来る事から始めてみてください。このような有酸素運動は血流が良くなることはもちろんですが、副交感神経を優位にしやすくする働きが期待できるので、睡眠の質が低下している方にもおすすめですよ。

また、お腹周りの筋肉を動かすことで、腸が刺激され蠕動運動が活性化しやすくなります。便秘の方や、残便感がある方はぜひ生活習慣に取り入れてみてくださいね。

ウォーキングする女性

まとめ

最近では原因がよく分からないけどアレルギー症状が起きているという方が非常に増えています。ですがこのような「花粉症」や「寒暖差アレルギー」などの症状が多くの人に現れるようになったのは最近だと思いませんか?おじいちゃん、おばあちゃんの世代ってアレルギーという方って少ないと思います。これって実は食生活や生活習慣の変化が大きく関係しているんです。

和食から洋食文化になり、お腹が空けばすぐに食べ物が手に入る、砂糖がたっぷり含まれたスイーツがたくさんあり、コンビニのレジ横には揚げ物が置いてある。このような食事に変化し、夜も遅くまで色々なお店が開いていて、夜寝る時間が遅くなり生活リズムが乱れてしまう。便利になった世の中は、身体に、そして腸に大きく負担をかけているんです。

アレルギー症状は、腸内環境が乱れている証拠、身体からのメッセージです。ぜひ根本からケアしてアレルギーを改善してくださいね。

 

ayako

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

慢性的な便秘・ひどい花粉症・ダイエットしても全然痩せない…それ全部腸が原因です

こんなお悩みありませんか?

・慢性的な便秘やお腹のハリ感

・食べる量は少ないのに全然痩せない

・最近なんだか疲れやすい

・年中感じる冷えやむくみ

・年々ひどくなる花粉症やアレルギー

・些細な事でイライラしやすくストレスを感じやすい

 

実はこれらの原因は腸内環境の乱れが関係しています。「腸は第二の脳」と言われるほど自律神経と関係している『腸』の働きが低下してしまう事で、さまざまな不調を感じるようになりますよ。

今すぐ腸のお掃除をして、体質改善始めませんか?


今すぐ体質改善を始める

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*