バランスの良い食事が身体を健康にする【新宿で体質改善なら隠れ家サロンcahAya】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
健康な女性

毎日口にする食事、あなたはどのようなものを毎日食べていますか?

 

こんにちは!!新宿隠れ家リラクゼーションサロンcahAyaセラピストの出口です。いつもご覧いただきありがとうございます。今日も身体の中からキレイと健康を目指す女性の為にお話していきますね。

 

普段何気なく口にしている食事。健康の為に野菜を摂らなきゃって思っている方は多いですが、他にも健康的な身体を作る為には様々な栄養素が必要ですよね?今食べている食事が、未来のあなたの身体を作っていきます。健康な生活を送っていく為にも食事には気を付けていきたいですよね。

 

食事とは

食事をする女性

食事とは基本的には栄養、すなわち人間が生命を維持・活動し成長するために必要な栄養素を摂取する行為です。健康で長生きするためにもバランスの良い食事が大切です。現在は食べるものが豊富に出回り、好きなものや美味しいものが自由に食べられるようになりました。ですが、このような飽食の時代によって食事内容の偏りや、栄養バランスの乱れなどが起きて、生活習慣病の増加へとつながってしまいました。日本人の死亡原因の約6割はがんや心臓病、脳血管疾患と言われていますが、食事や生活習慣を気を付ける事によって約6~7割が予防できるとも言われています。病気などにならない為にも日頃から食事には気を付けていたいですね。

 

バランスの良い食事って?

種類豊富な食材

食べる事でエネルギーを補給し、生きる為の活力源となる食事ですが、食べ物なら何でも良いというわけでは無く、「栄養バランスのとれた食事」を意識していく必要があります。栄養素には「三大栄養素」と言われている「炭水化物」「脂質」「タンパク質」や、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」など、どれも人の身体には欠かせないものです。

三大栄養素

生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギーとなるのが三大栄養素です。

炭水化物

ダイエットする時に炭水化物は天敵というイメージがある方も多いですが、炭水化物も三大栄養素のうちの一つです。炭水化物には「脂質」と「食物繊維」に分類され、糖質は消化や吸収されますが、食物繊維は消化や吸収されません。最近では糖質制限ダイエットなども流行っていますが、糖質が不足しすぎると疲労感や倦怠感などを感じたり、筋肉量の減少や代謝疾患の原因になる事もあります。そして、食物繊維が不足する事で、「便秘」の原因になる事はもちろんですが、肥満や糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

脂質

体内で生成する事の出来ない「必須脂肪酸」を含み、ホルモンや細胞膜といった身体のメカニズムに働きかける「生理活性物質」の材料になります。脂質が不足する事で発育障害や皮膚炎の原因になってしまいますが、摂り過ぎてしまう事で肥満や脂質異常症、メタボリックシンドローム、動脈硬化などの原因になってしまう事があります。身体の健康のためには質の良い脂質を適量取るようにしてください。

タンパク質

人間の体重のおよそ5分の1を占めているタンパク質。血液や筋肉などを作る主要な成分で、酵素・ホルモン・神経伝達物質といった生命維持に必要な栄養素です。タンパク質はアミノ酸が結合した化合物で、20種類ほどあると言われています。タンパク質も不足してしまうと脂質と同じように皮膚炎の原因や発育障害、生活習慣病などの原因となります。

 

他にも重要な栄養素

三大栄養素の他にも五大栄養素に含まれる「ビタミン」や「ミネラル」、「食物繊維」や「水」、「ファイトケミカル」に最近では「酵素」が第9の栄養素として認められるようになりました。

ビタミン

野菜や果物

エネルギー源や身体を作る成分ではありませんが、他の栄養素がうまく働くために必要不可欠な栄養素です。13種類のビタミンがあり、単体で摂取するよりも複数のビタミンを組み合わせる事で相乗効果が期待できます。シミや美白、ニキビ、肌荒れなどやシワやたるみなど、肌のトラブルにはとても効果が期待できる栄養素なんです。

ミネラル

カルシウム、鉄、ナトリウムなどの事をまとめてミネラルと言い、必要量は少ないのですが人の身体では作る事が出来ない為、食べ物から摂取する必要がある栄養素です。骨などの身体の組織を構成したり、身体の調子を整える働きがあり、人が必要とする栄養素は現在16種類と言われています。特に現代人で不足しやすいのが「カルシウム」や「鉄」ですが、むくみが気になる女性は「カリウム」が不足している可能性もあります。

食物繊維

水分を含むと膨らむ性質を持っていて、腸の活動を活発にする効果が期待できます。食物繊維には「不溶性」と「水溶性」の2種類があり、体内に蓄積した有害物質や老廃物を包み込み排泄をスムーズにしてくれたり、新陳代謝を上げ循環を良くしていく為にも積極的に摂取した方が良い栄養素です。

【食物繊維について詳しく知りたい人はこちらもチェック】

人の体内の水分量は約60~70%と言われています。必要な栄養素を体中に運んでくれるのも、身体の不要物を排出してくれるのも、すべて水の働きです。また、身体の中の酵素を活性化させる働きもある為、水分が体内で不足してしまうと代謝なども低下してしまいます。そうならない為にも質の良い水をたくさん摂取する事が大切です。

ファイトケミカル

ポリフェノールやカロテノイドなどの抗酸化物質で、植物由来の化学成分の事を指します。生物は酸素中で生活をしている為、鉄が錆びるように放っておくことで身体も酸化していきます。酸化を防ぐこと、すなわち老化を防ぐことが健康な身体を維持して行く為には大切です。

酵素

第9の栄養素と言われるようになった「酵素」は体内でも生成する事が出来る栄養素です。主な働きとしては「消化」「代謝」ですが、体内で生成される酵素の量は年齢を重ねるごとに減少していきます。また、現代では添加物や砂糖、過酸化脂質などで消化に酵素を多く使ってしまうため、代謝に回す酵素が足りなくなってしまうという現象が起きてきます。そうならない為にも食事から酵素を摂取えうることが大切なんです。

 

まとめ

多くの人が1日3食している食事。現代では手軽に安く食事を行う事が出来る時代になりました。コンビニやファーストフード、スーパーの総菜やファミレス、多くのチェーン店。間食をしているという方も女性は特に多いかもしれません。

ですが便利な食事は何かしら身体に負担を与えているかもしれません。当たり前のように入っている添加物、使いまわされた油で揚げた揚げ物の過酸化脂質、見た目を悪くしない為に使われている農薬や漂白剤。現代の食事でこのような事を気にし過ぎていると何も食べれなくなってしまう現状。だけど少し気に掛けるだけでも身体の負担は減るのではないでしょうか?

まずは偏った食生活を避け、バランスの良い食事を心がける事で腸が不要物は体外へと排泄してくれます。今の食事があなたの未来の身体を作ります。そのことを意識しているだけでも、食べるものが変わってくるのではないでしょうか?少しずつ、出来る事から、未来の健康のために何か一つ始めませんか?

 

ayako

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

慢性的な便秘・ひどい花粉症・ダイエットしても全然痩せない…それ全部腸が原因です

こんなお悩みありませんか?

・慢性的な便秘やお腹のハリ感

・食べる量は少ないのに全然痩せない

・最近なんだか疲れやすい

・年中感じる冷えやむくみ

・年々ひどくなる花粉症やアレルギー

・些細な事でイライラしやすくストレスを感じやすい

 

実はこれらの原因は腸内環境の乱れが関係しています。「腸は第二の脳」と言われるほど自律神経と関係している『腸』の働きが低下してしまう事で、さまざまな不調を感じるようになりますよ。

今すぐ腸のお掃除をして、体質改善始めませんか?


今すぐ体質改善を始める

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*