腸内細菌は1歳までの環境が大切って知ってますか?【新宿で体質改善なら隠れ家サロンcahAya】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
妊娠中の女性

この前友人に赤ちゃんが産まれました。新生児ってかわいいですよね。だけどかわいいからって大事に育てすぎちゃうと、大人になって身体が弱くなってしまう事があるんです。

 

こんにちは!!新宿隠れ家リラクゼーションサロンcahAyaセラピストの出口です。いつもご覧いただきありがとうございます。今日も身体の中からキレイと健康を目指す女性の為にお話していきますね。

 

最近では「殺菌」や「抗菌」とかいてあるものがとても増えている気がします。赤ちゃんがいるお家はなるべくきれいにしておかなきゃって思うお母さんが多いと思いますが、実は逆効果になってしまう事もあるので注意が必要です。

 

新生児は菌の中で育てた方が強い子になる

赤ちゃん

産まれる前、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんは無菌状態。出産の際にお母さんの産道を通り初めて菌と接触します。母親の産道には腸内に生息する細菌も多く存在していて、産道と腸内は似たような環境になっているのですが、出産が近づくと膣の中で乳酸菌が繁殖し、病原菌が繁殖しにくい状態を作り出します。このような働きが起きる事で、「自分の産道を外敵から守り、赤ちゃんを守る為産道から最初に取り込まれる菌として機能する」と言われています。

母親の産道を通り受け継いだ腸内細菌は、赤ちゃんの腸内に定着し1年ほどかけて腸内フローラとして定着していきます。その為、お母さんの腸内環境が悪化している状態だと、赤ちゃんに引き継がれる腸内細菌が有害なものが多くなってしまう場合があります。

抗菌や殺菌グッズは免疫力の低下につながる

可愛い赤ちゃんが病気などをしないように抗菌や殺菌のグッズを使っている方も多いと思いますが、赤ちゃんの自然治癒力や免疫力を高める為にはたくさんの菌に触れ、外敵に対する抵抗力や免疫力を高めていく必要があります。赤ちゃんは様々な雑菌と接触し、それらを体内に取り込む事で多種多様な腸内細菌を生成することが出来る為、免疫力を高め健康な子供に育ってもらうためにも、赤ちゃんの時に多くの菌に触れるようにしてください。

母乳は天然の栄養素

胎内から出てきた赤ちゃんは様々な細菌に接触し腸内細菌を形成していきます。出生後すぐに腸内に棲みつく細菌は乳酸菌や大腸菌が多いと言われていますが、生後5日目までに赤ちゃんの腸内は善玉菌であるビフィズス菌がほとんどの割合を占めます。まだ十分に免疫システムが発達していない赤ちゃんを病原菌から守る為にビフィズス菌が働くのですが、増やすために最適なものが「母乳」と言われています。

母乳にはビフィズス菌が多く含まれているほかに、オリゴ糖も含まれているので赤ちゃんの腸内に生息し始めた善玉菌のエサとして働いてくれます。また、タンパク質やビタミン、ミネラルなどが含まれている為、健康的な発育に必要な栄養を提供し赤ちゃんを守る腸内細菌を育てていく事が可能です。

 

離乳食を始める際に気を付ける事

離乳食を食べる赤ちゃん

母乳で育て腸内環境が整った状態で育ってきたとしても、離乳食の際の食事に手を抜いてしまうと腸内環境が悪化してしまう可能性があります。最近では簡単にあげられる離乳食なども多く出回っていますね。ですが離乳食の時期に人工甘味料や加工品、レトルト食品、添加物などの食品を多く摂ってしまう事で腸内で悪玉菌が増え、肥満や喘息などのアレルギーになってしまう可能性もある為注意が必要です。

腸内環境を整える

赤ちゃんの腸内環境があまり良くない、便秘気味や下しやすいなどがある場合でも、食事によって改善が可能です。その方法が、「発酵食品」や「食物繊維」を多く摂り入れた和食中心の食事にする事です。発酵食品には腸内の善玉菌を増やしてくれる働きが、食物繊維には腸内環境をきれいにし規則正しい排便を促してくれる働きが期待できます。ですが、注意していただきたいこととして、安い味噌や塩麹には天然の塩では無く「塩化ナトリウム」が使用されていて生活習慣病のリスクを高めてしまう可能性がありますので、裏表記の原材料は必ず確認するようにしてください。

離乳食になると便秘になりやすい理由

今までミルクだけだった赤ちゃんが離乳食を始めると、食生活が変わる事で腸内環境も変化し便秘気味になる赤ちゃんも多いです。今までより便を腸内に溜める事が出来るようになったことも理由の一つですが、母乳やミルクの量が減る事で水分量が不足している可能性もあります。毎日出なくても定期的に排便できていれば問題はありませんが、排便の際に苦痛そうだったり、便が硬すぎる際には一度病院に相談してみると安心ですね。

 

まとめ

健康な子供

腸内細菌は赤ちゃんが外に出て来てから1歳位までの間に一生の腸内環境がほとんど決まってしまうと言われています。その為、神経質になり過ぎず、色々な人に逢ってたくさんの菌に接触する事で免疫力が高まると言われています。また、部屋の掃除は大切ですが抗菌や殺菌などをしすぎてしまうと菌に対しての免疫力を作り出すことが出来ず、大きくなってその菌に触れた時に対抗できなくなってしまいます。

また、市販の除菌スプレーなどの裏面には「除菌剤」としか書かれていない成分なども含まれています。ネットでも危険とか安全とかいろいろと書かれていますが、昔はこんなに除菌スプレーなどもなく、洗濯したり日光に当てるだけだったわけですから、頼り過ぎも良くないのではないかと思いますよ。

大切な赤ちゃんを守る為に色々と神経質になり過ぎてしまう事もありますが、菌は決して悪い物だけではありません。免疫力の強い子になる為にも1歳になる前に菌にはたくさん触れてくださいね。

 

ayako

慢性的な便秘・ひどい花粉症・ダイエットしても全然痩せない…それ全部腸が原因です

こんなお悩みありませんか?

・慢性的な便秘やお腹のハリ感

・食べる量は少ないのに全然痩せない

・最近なんだか疲れやすい

・年中感じる冷えやむくみ

・年々ひどくなる花粉症やアレルギー

・些細な事でイライラしやすくストレスを感じやすい

 

実はこれらの原因は腸内環境の乱れが関係しています。「腸は第二の脳」と言われるほど自律神経と関係している『腸』の働きが低下してしまう事で、さまざまな不調を感じるようになりますよ。

今すぐ腸のお掃除をして、体質改善始めませんか?


今すぐ体質改善を始める

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*