便秘改善や腸内環境の為にヨーグルトを食べている人って多いけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
食事をする女性

毎朝ヨーグルトを食べているんだけど、腸の調子が悪くって…

 

こんにちは!!新宿隠れ家リラクゼーションサロンcahAyaセラピストの出口です。いつもご覧いただきありがとうございます。今日も身体の中からキレイと健康を目指す女性の為にお話ししていきます。

 

当サロンに定期的に来店されているお客様との会話で、腸内環境が良くないと思って毎日ヨーグルトを食べてるんだけど、効果が全然実感できないんです…というお話をされました。本当にヨーグルトって体に良いのでしょうか?ヨーグルト=身体(腸)に良いと言う当たり前のようで当たり前でない話を今日はしていきたいと思います。

 

ヨーグルトは本当に体に良いの?

ヨーグルトの効果

健康の為に、体の為にとヨーグルトを毎日食べている女性って結構多いです。でも本当にヨーグルトって体に良いのでしょうか?最近ではスーパーなどでも多くの種類のヨーグルトが並んでいますよね。美味しくて好きならいいと思いますが、健康や身体の為に摂っているのであればしっかりと理解しておかなければいけないことがありますよ。

市販のヨーグルトって添加物がいっぱい

あなたは食材を購入するときに、裏の原材料ってチェックしていますか?お客様に聞いてみると、ほとんどの方が、裏面を見ることなk、表に書いてあるいわゆる「宣伝」で商品を選んでいるように感じます。ヨーグルトの裏面を見た時に、ほとんどのものが甘味料・香料・着色料・酸味料などの添加物が含まれているんです。

ヨーグルト=発酵食品のはずなのに…

発酵食品とは食材を微生物等の作用で発酵させることにより加工した食品で、冷蔵庫などが存在する前から、保存食として伝わってきました。その為、発酵されることで乳酸菌が増え、摂取することで腸内環境を整え、悪玉菌の抑制、便秘や下痢などの効果があると言われています。ですが現代で売られているヨーグルトは保存料をはじめ、様々な添加物が入っていますよね?なぜ発酵された保存食のはずなのに保存料が必要なのかを考えてみると、本当に発酵されて作られているのか疑問があります。

そもそも乳製品は日本人の体質と合わない場合がある

日本人には牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解する消化酵素(ラクターゼ)の小腸での分泌が少なく、「乳糖不耐症」の人が多いと言われています。よく牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢の症状が出てしまうという方もいますよね。この症状は乳糖不耐症の方に多く見られ、乳糖を分解できない為、小腸で吸収する事が出来ずに大腸まで流れ、酸やガスの発生につながります。

 

便秘の改善を目指すなら植物性乳酸菌を摂取しよう

腸

腸内環境を整える為に乳酸菌を摂取するという事はとても良い事です。ですが、乳酸菌にも様々な種類があることを覚えておくことが大切です。特に発酵食品に多く含まれている乳酸菌ですが、ヨーグルトやチーズなどは「動物性乳酸菌」、納豆やぬか漬け・味噌などは植物性乳酸菌となります。

生きたまま腸に届く

最近ではヨーグルトなどの広告に使われている事もある「生きたまま腸に届く」というワード。実は動物性乳酸菌はほとんどが腸に届く前に死んでしまいます。その理由が、体の中の消化管から分泌される胃酸や胆汁酸などの消化液に含まれる酸の影響です。

多くの動物性乳酸菌は、強い酸性の環境で生きることが出来ません。それに対して植物性乳酸菌は環境の変化に強く、酸性の環境にも強い特徴を持っています。生きて腸に届くことで、直接悪玉菌を抑制することが出来るため、腸内環境が整いやすくなります。

一緒に食物繊維やミネラルを摂取できる

植物性乳酸菌はその名前の通り植物から出来ているもの=野菜などを発酵して作られているものです。その為、それぞれの野菜に含まれている食物繊維やミネラルなどの豊富な栄養素を一緒に摂取することが出来るようになります。

便秘解消だけではない植物性乳酸菌の効果

生きて腸まで届き健康をサポートする働きを持つ微生物の事を「プロバイオティクス」と言い、植物性乳酸菌もその一つです。腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善することで、便秘や下痢などの改善はもちろんですが、ニキビや肌荒れ、ダイエットなどの美容面や、アレルギー症状の改善やインフルエンザの予防など、免疫力を向上させる効果が期待できます。

 

自分に合う乳酸菌を見つけることが大切です

ヨーグルトを毎日食べているのに効果が感じられないという方にお話しを聞いてみると、ずっと同じメーカーや種類のものを半年以上食べ続けていたそうです。なので初めてご来店いただいた時に、「次までの間、ヨーグルトの種類を変えてみてください」ってお伝えしました。実際次の来店までの間、種類を変えてみた結果、腸内のガスの溜まり方が全然違った…というお話をいただきました。

乳酸菌は種類がたくさんあり、ヨーグルトと言ってもそれぞれに含まれている菌が異なります。その為自分の腸内細菌との相性がとても重要なんです。数日ではわかりませんが、3週間~1か月くらい試してみて変化が無ければ違うメーカーや種類に変えてみてください。それだけでも身体の改善につながる可能性もありますよ。

 

ayako

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

慢性的な便秘・ひどい花粉症・ダイエットしても全然痩せない…それ全部腸が原因です

こんなお悩みありませんか?

・慢性的な便秘やお腹のハリ感

・食べる量は少ないのに全然痩せない

・最近なんだか疲れやすい

・年中感じる冷えやむくみ

・年々ひどくなる花粉症やアレルギー

・些細な事でイライラしやすくストレスを感じやすい

 

実はこれらの原因は腸内環境の乱れが関係しています。「腸は第二の脳」と言われるほど自律神経と関係している『腸』の働きが低下してしまう事で、さまざまな不調を感じるようになりますよ。

今すぐ腸のお掃除をして、体質改善始めませんか?


今すぐ体質改善を始める

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*